チンギスハンのブログ。米国株、永久投資。

米国株高配当安定株に永久投資します。地方在住60代で今年3月リタイヤします。年金が少ないので米国株投資で月10万円の配当を目指します。以前の投資で増やした資金で少しずつ買っていきます。一緒に意見を交換できたらうれしいです。

もし10億円あったらどうする?リタイア後に必要なお金は?

 米国株投資家の皆さまこんにちは。米国株永久投資を目指すチンギスハンです。
 
 朝鮮半島情勢は、何事もなく済む可能性が高いですが、何かが起こる可能性も排除できません。当分動かないのが賢明かなと思っています。


 今日は、私もよく読む有名な投資家の藤野英人さんの記事で、「今10億円あったらあなたはどうしますか?」という調査をしたとあります。そして、その答えが、「本当にあなたが求めているものだ」とあります。
 うーん10億円ときましたか?みなさんはどうですか?
 
   余白 
 
 ところが、一番多い答えは「特にない」だったそうです。したいことは、「外国旅行」だったり「新しいスマホが欲しい」だったりするけれど、それには10億円も要らないし、一方、「待機児童の問題を解決する」とかだと、10億円では解決しそうにないです。だから強いて10億円を得てしたいことは「特にない」になるのだそうです。
 私たちは、日ごろ「もし10億持っていたら、・・・」とか思っていますが、具体化すると結構使い道に困るということでしょうか。
 
 私も、もちろん10億円は欲しいですが、どう使うかと言われると困ります。10億米国株に投資すると、高配当株なら、手取り3%として、年間3000万円の配当収入です。
 元金は減らないわけですから、使っていいお金ですけど私は多分ほとんどを再投資するでしょう。ケチですから、年間3000万円も使うことはできないと思います。そうするとどんどん増えていって、死んだときは強制売却になって、ほとんどを国に持っていかれるという図式ですね。
 皆さんも米国株投資ですよね。それで、配当はどうしますか?


 私だけでなく日本人はお金が使えないようです。リタイア後のお金の使い方にも国民性があるようです。


 日本人はたくさんのお金を残して死ぬ。
 ヨーロッパの方は所有金を使い切って一生を終わることが多いのに、日本人は、高齢者になってからもむしろ金融財産が増えている。そして、死ぬ時が一番多くなっているという記事を読みました。何年か前のことです。国民性が表れているなと感じました。もちろん私は日本人ですから、その気持ちはよくわかります。
 どれだけあっても保有金が減っていくことがいやなのです。社会保障の充実が歴史的に遅れたこととも関係あるかもしれません。自分も濃厚にもっているこの性格はマズいぞと思いました。
 たとえば、百万円得するか損するかは今の私には大問題です。得すれば相当気分がいいでしょうし、損すれば逆に気分が悪いです。でも、私が死ぬ時には、百万円多いか少ないかは私には全く関係ありません。つまり意味のないことで私は、「得したの」「損したの」と騒いでいることになります。


 死んだ時にはお金はいらない。
 そう考えると、理論的には死んだときにはお金は残っていなくていいわけです。しかし、いつ死ぬかはわかりませんから、死んだときにゼロになるように使うというのは実は難しいです。それに心理的な問題があります。


 少しずつ、切り崩して生活するのは自分には心理的なストレスが大きく楽しめない。
 ヨーロッパの方が、貯金を切り崩して、日々を楽しむという感覚が私にはわかりません。日本人のDNAかも知れません。ですから、死ぬ時をゼロとして、年に300万円必要だから・・・という逆算方式は使えません。そこで「死んだときの財産は最小でいい、しかし切り崩さずに済む方法」という難題に挑んだのです。


 お金を減らさずに済む方法。
 この難題の中で、死んだときのお金はあっても別に構わないわけですから無視します。そうするとこの難問は、「元金を切り崩さずに生活するにはどうすればいいか?」という風に単純化されます。もちろん年金で足りれば何の問題もありません。しかし、私の年金は月に10万円と十分とはいえません。年金の少ない人のための対策という記事を読みました。そうするとベスト1に「可能な限り仕事を続けて収入を確保すること」と載っていました。理由は”仕事をしていると、生きがいもあり、余計なことを考えないから使うお金も少ない。ギャンブルなどにはまらなくて済む。”というものでした。


 でも、私は、人生の残りの¼ほどは、「仕事から離れた自分」として生きたいとかねてから思っていました。だから別の道を探しました。そして、「米国株永久投資で配当を得る」という結論に至ったのです。


 投資金額は最少でいい
 まだリタイアして1か月ほどした経っていないのですが、最低必要なお金はそんなには要らないなと感じます。だから、あまりクッションを置かずにシビアに見積もって、投資金額も「最小でいい」と思っています。月に10万円の配当収入を目標にすると今の株価で、ほぼ4千万弱の米国株投資で達成できます。(詳細は私の黄金株に載せています)これで、元本は減りません。むしろインフレを加味しても長期間では増えていくでしょう。


いつもながらのまとまりのない記事でした。お付き合いくださりありがとうございます。
皆様のよい投資を!


お願い 下の米国株の看板をクリックしていただけると、ブログランキングの点数があがるのでうれしいです。よろしくお願いします。
  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。