チンギスハンのブログ。米国株、永久投資。

米国株高配当安定株に永久投資します。地方在住60代で今年3月リタイヤします。年金が少ないので米国株投資で月10万円の配当を目指します。以前の投資で増やした資金で少しずつ買っていきます。一緒に意見を交換できたらうれしいです。

石油メジャー、XOM、CVX、RDS.Bのどれが買いか?

米国株投資家の皆さまこんにちは。米国株永久投資を目指すチンギスハンです。
さて米国株の勢いが止まりません。昨日は私の買い候補の10銘柄はすべて上昇で、画面が真っ青でした。昨日の記事のように今は、RDS.Bロイヤルダッチシェル、GE、KOを買っています。
 石油株では配当がダントツにいいRDSを買っていますが、本当にそれでいいのか今日は検証したいと思います。XOMについては「バフェット太郎氏」のブログにものっていて参考にさせていただきました。


さて、石油メジャー3社の大まかなデータです。
①RDS.Bロイヤルダッチシェル株価55.64ドル(+0.58%)PER48.72配当6.76%
②XOMエクソンモービル 株価81.89ドル(+0.16%)PER38.34配当3.67%
③CVXシェブロン株価111.72ドル(+1.26%)PER-配当3.92%
バランスの取れているのはXOMです。財務的にも、それから{バフェット太郎氏」の記事にありましたが積極的に投資もしているようです。配当面では、赤字で配当を出しているシェブロンや、大きく持ち出しで配当を出しているシェルに比べて、無理の度合いが少ないです。シェルとエクソンが私的には決勝候補です。


現在の状態をチャートで見てみましょう。まず3社の比較です。

10年チャートです。配当が一番多い、シェルが株価の伸びが最も低いという、納得の結果です。シェブロンの方がエクソンより配当は高めだったはずですが、株価的には逆転しています。

1年チャートです。エクソンの低迷の原因が私にはわかりません。

エクソンの10年です。今は下降トレンドです。

 6か月チャートです。トランプ後に急上昇して、下降トレンドに入っています。まだ下降トレンドを脱したとはいえません。1/31に2016年4Qの決算発表がありました。売り上げは2%増。EPSは0.4ドルと大きく予想を下回りました。原因は20億ドルの減損処理です。ロッキー山脈のガス田に起因するものです。CEOのティラーソン氏はトランプ政権の目玉の国務長官に転出しました。「立つ鳥後を濁さず」で「前倒しして損金処理」した可能性が高いようです。今20億ドル利益を積み増しするより、「負の遺産」を綺麗に処理する方を選んだのでしょう。だとしたら、本物の立派な経営者と言えます。
 しかし私には残念なことに12月からの下降トレンド入りの原因がわからないのです。(原油価格は上昇しています。)
 ただ、チャート的には、まだ下降トレンドは続いていますから、「落ちているナイフをつかむな」という格言からは底を確認しないと買えません。


次はシェルです。再掲しました。 

6か月です。エクソンほど明確ではないですが、ゆるやかな下降トレンドです。まだ底を打ったとはいえません。


まとめ
1 会社としてはエクソンの方がバランスがいいです。でもチャートは下降トレンドが強いし、下落ししている理由がわからないので、今はステイです。
2 シェルもまだ底が確認できていません。
3 底は近いとは感じますが、もう少し辛抱して、底を確認してから買いたいと思います。

4 あせらなくてもシェールオイルが頭を押さえているので、急激な上昇はないと思います。


 以上つたないレポートですが、みなさまの何かの参考になれば幸いです。


お願い
下の米国株の看板をクリックしていただけると点数が上がるのでうれしいです。
よろしくお願いします。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。