チンギスハンのブログ。米国株、永久投資。

米国株高配当安定株に永久投資します。地方在住60代で今年3月リタイヤします。年金が少ないので米国株投資で月10万円の配当を目指します。以前の投資で増やした資金で少しずつ買っていきます。一緒に意見を交換できたらうれしいです。

シニアのための安全で失敗しない投資術。NO2。投資資金は必要最小限でいい。

 米国株投資家のみなさんこんにちは。米国株永久投資をめざすチンギスハンです。
 シニア対象なのに多くの方にご覧いただきありがとうございます。
前回は、投資対象として、株式以外を検討しました。今日は本命の株式投資編です。


まず株式投資の弱点から始めたいと思います。


1 投資で動くお金が大きく、実生活とのかい離が大きすぎる。
 私はこの点が一番の問題点だと感じます。株式の1%の上下で、5千万円の投資資金だと50万円ということになります。現役の方でも大きなお金ですが、退職者にとっては、毎月の収入では普通は得られないお金です。つまり一日のマイナスをひと月ではリカバリーできないのです。日々の生活のお金からはかけ離れています。まして、4~5%くらいの動きも年に何回かは起こります。それぞれ200万円、250万円という金額です。
 この生活とのかい離がストレスを生みます。ですから、できれば投資対象は変化が小さい方がいいし、金額も大きくない方がストレスは小さくなります。これが年金などで十分な収入がある方は、投資をしない方が幸せかもしれないという根拠です。


2 投資のリターンの額は、ストレスと引き換えだ。投資資金は必要最小限でいい。
 シニアの場合は、残りの時間が計算できますから、だいたいの必要な額がわかります。欧米に比べて日本人は死ぬまでお金を貯めたがるといわれます。国民性でしょうか。
 投資と日々の生活とのギャップをストレスととらえると、投資資金は「多ければいい」とはいえません。むしろ、「少ない方がいい」と考えます。
 私の米国株の候補を等分に買うと平均配当は3.85%で税抜き3.08%。月10万円の配当に必要な投資額は3896万円になります。そして、元金は減らないことになります。私の場合は年金が月に10万円なのでこのくらいを目安にしていますが、年金がもっとある方はより少ない投資資金で十分だと思います。
 あるいは、初めはもっと投資資金が少なくても、何年か経って株式が上がれば同じことになります。


 年金額や、家族構成、持ち家の状況やライフスタイルによって、必要な金額は異なります。どちらにしても、週刊誌等で言われているほどのお金がいるとは思いません。
 株式投資のいい点は、必要でないお金は再投資に回せる点です。


3 年金生活者の一番の敵はインフレだ。
 といわれます。日本では、長くデフレが続いているので、インフレに対する抵抗感がなくなっています。しかし、この点は、十分に意識しておく必要があります。また、投資が必要なのもこの点からです。もし、インフレが起こらないのなら、年金で足らない分は、今あるお金を、年数で割って取り崩せば済みます。しかし、インフレが起こると全く世界が違ってきます。そして、歴史はインフレが起こることを示しています。
 政府も日銀もインフレを願っています。なかなか成功しませんが、いずれ成功するでしょう。いったん、インフレが起こると、それが2%程度の都合のいいもので制御できるかどうかはわかりません。(制御できるといっている学者が多いです。でも、それができるのなら、なぜ今日銀の必死の努力にもかかわらず2%のインフレ目標が達成できないのでしょう。つまり、そう簡単にインフレにもできないし、制御もまたできないということです。歴史には忠実にあらねばなりません。今回だけは違うということはないのです。)


4 インフレに強い資産は?
 インフレに強い・・・不動産、コモデティ(金など)、株式、
 インフレに弱い・・・現金、国債
と一般には言われています。
 最強をねらうなら、できるだけ借金して、不動産を買うことでしょうか。
でも、私はインフレに対抗できれば十分と思います。不動産は前回の検証で地方では難しいと結論しました。(リートは別です)そうすると、必然的に株式になります。金はお好みでという感じです。


5 株式投資がインフレに強い理由は。
 「その国の成長を取り込める」からといわれます。成長が見込めるあるいは、衰退しない市場を選ばなければなりません。シニアとしては、そんなに成長しなくても、現状維持ならOKと考えます。成長市場はリスクも大きいからです。そうすると、先進国が対象となります。米、欧、日です。


6 どの市場を対象とするか。
 選択肢は
①米、欧、日をETFで買う。
②日本を中心に買う。
③米を中心に買う。
 数年前の、FPのつくるシニア向けの代表的なプランは、
40%・・・日本債権
20%・・・先進国債権
20%・・・日本株式
10%・・・国外株式
10%・・・リートなど
日本が70%なのは、為替リスクを避けるため、みたいな感じです。
債権が多いのは、「株式はリスクが高いから」という理由です。
私が違和感を感じたのは、これでは「インフレへの対抗」になっていない。という点です。日本の株式市場は世界の7%ほどなのに、それが株式の三分の二というのも変です。
 最近は、外国の割合が増えて、株式の割合が増えています。時代によって割合が変わるっていうのは何なんでしょう。日本の年金の運用先も、外国株が増えていますね。流行があるんでしょうか?


私は米国市場を選びました。その理由は次回にさせてください。


以上です。ご意見もどしどしお願いします。


お願い
下の米国株の看板をクリックしていただければ点数が上がるのでうれしいです。
よろしくお願いします。
 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。