チンギスハンのブログ。米国株、永久投資。

米国株高配当安定株に永久投資します。地方在住60代で今年3月リタイヤします。年金が少ないので米国株投資で月10万円の配当を目指します。以前の投資で増やした資金で少しずつ買っていきます。一緒に意見を交換できたらうれしいです。

利益確定の下げが来ました。さてどう対処する?

米国株投資家のみなさんこんにちは。米国株永久投資を目指すチンギスハンです。
 
 調整が来ましたね。ダウで、20668.01ドル▲237.85ドル(▲1.14%)という下げでした。今日の日経平均は19041.38円で▲414.5円(▲2.13%)とかなりの下げでした。ドル円も、現在111.45円です。

 NYダウの2年チャートです。2015年9月の中国ショックと2016年2月のサウジショックでは、すべての平均線を割って下げています。つぼの底のようです。
 トランプ以降は、平均線を大きく上にかい離しています。トランプ以降15%ほどの上昇でした。新しいプラスニュースがなければ、利確の売りで⅓ほどは下げるのが普通ですが今回はどうでしょう。75日平均線の2万ドル辺を割り込むかどうかが当面の注目です。
 
 ダウよりも大幅に上げてきた、金融株を見てみましょう。上げが大きいぶん下げもまた大きいはずです。代表としてJPMです。
JPM87.39ドル▲2.64ドル(▲2.93%)です。PER14.12配当2.12%となっています。
配当が希望以下なので、私の候補には入っていませんが、文句なしの銘柄です。今後も問題ないでしょう。下は2年チャートです。

 トランプ以降30%ほど上昇してきました。こちらは75日線に早くもタッチしています。さらに割り込むかが注目です。上げの½調整で80ドルくらいはあるかもしれません。
 金融株は、どの辺まで下げるかもう少し様子をみたいです。でも、単に利確の売りを浴びているだけと思われますから、しっかり下げたところは、買いのチャンスです。(JPMが最適がどうかはわからないですが) 


 今まではっきりした実体はないのに期待感で上げてきたわけですから、調整もやむをえないと思います。逆に悪い材料があるわけではないので、悲観の必要もないと思います。20%ほどの利益を得た投資家が、「まずは利益を確保しよう」と売っているのでしょう。今まで4か月ほど、調整無く上げてきたわけですから、調整は短期間では終わらない可能性があります。少し安くなったからといって、うっかり飛びつかないようにしたいです。


ということで、今まで上げてきた銘柄は、調整がどこまで進むかを見極めるのにしばらく時間がかかりそうです。


 一方、トランプ以降あまり上昇していない銘柄はどうでしょう。
GE 29.39ドル▲0.35ドル(▲1.18%)PER29.06配当3.21%
やはり、平均くらいは売られています。

GEの6か月です。いずれの平均線よりも下にあります。弱気ですね。こちらももう少し様子を見たいですね。


ということで、今日見た範囲では、すぐには買う銘柄がないように感じました。
つたないレポートですが、皆様の投資の何かの参考になれば幸いです。
それでは皆様のよい投資を!


お願い。下の米国株の看板をクリックしていただけると、ブログランキングの点数が上がるのでうれしいです。よろしくお願いします。



  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。