チンギスハンのブログ。リスク最小、ストレス最小の米国株永久投資。

米国株高配当安定株に永久投資します。地方在住60代で今年3月リタイヤします。年金が少ないので米国株投資で月10万円の配当を目指します。以前の投資で増やした資金で少しずつ買っていきます。一緒に意見を交換できたらうれしいです。

高値更新中時の買いはアリか?

米国株投資家のみなさんこんにちは。米国株永久保有を目指すチンギスハンです。
ダウは最高値を更新しており、保有されている方はリッチな気分で過ごされていることでしょう。
 さて自分は昨夜、先日レポートしたV(ビザ)を77.09ドルで買いました。手持ちのドルがなかったのでNVDAエヌビディアを91.89ドルで売却しました。NVDAは自分の永久保有のスタイルとは違っていたので、売却するつもりでしたから。66ドルで10月に買ったものです。
 今後もダウ銘柄で下げているものがあれば、さしあたりJNJですが購入を考えています。さて今日は高値更新中のNYダウですがこのような時期に買いはアリかを検証しました。
1 全体は高値でも割安の銘柄は存在する。
 今日も恒例にしているバフェット太郎さんのブログを見ると、ちょうどタイムリーな記事がありました。もうご覧になった方も多いと思ますが、将来の暴落を怖がらずに買えというまことに明快な記事でした。確かにその通りだと思います。また高値更新中でも買えということでした。これは安くなるのを待ってばかりでは買えないよということなのでしょう。「押し目待ちに押し目なし」といいますからね。ただ、自分のような未熟者には、やはり高値は買いたくないという気持ちが強いです。
2株を持つリスクもあれば持たないリスクもある。
 リタイヤを3か月先にするものとしては、株式投資は失敗してもやり直しが何度でもきくというものではありません。しかし、心しているのは、慎重になりすぎると、持たないリスクもあると思うのです。リスク資産と安全資産のちょうどいいバランスがどこにあるのかはいろんな本を読んでもバラバラでよくわかりません。それと安全資産なるものは、現金なのか、金なのかもよくわかりません。安全とされているものも、案外そうでないかもしれません。特にここ数年のように、政府日銀があの手この手で自国通貨の円をおとしめて円安に誘導しようとするのをみると、通貨も油断できないなと思わせられます。結論としては割高でなければ米国株を買うのが必要。ということでしょうか。


同じように米国株を買い進めようとしていらっしゃる方がいらっしゃればメールください。一緒に勉強しましょう。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。